忍者ブログ

空と太鼓

北海道岩見沢市の「atrier 花*杢」 太鼓の製作・演奏/造形制作/身近な自然と生活について /空と倉庫という猫ブログもやっています。

ジャンベの制作 その9 チューニング

さて、ここからは音をいかにするかという話。低音重視ならとくに必要はない。が、
しっかりとした演奏で、高音・低音・クラックなどを打ち分けたい場合は、チューニングが有効。

まずは、ロープを巻いて団子状にし、やや上に積み上げる。

ある程度の高さ(=マリウイーブの高さ)になったら、右に2本、ロープの下をくぐらせる。
そして、2本目のロープの前を通して戻り、1本目のロープの後ろにくぐらせる。

1本目のロープにくぐらせたものを、右側にひくとこのようになる。
(これをマリウィーブと言うらしい)

続けていくと、このようになる。一つ締めるごとに、ロープとリングが締まっていくので、あとは好みの音になるまで調節する。私は、縦締めをあまりきっちりしないので、下段1周は巻く。
 
ロープを引く時は、やや下方向に引いて、高さがバラバラにならないようにすると見栄えが良い。
 
■2段目の処理
(一説によると、あまり段数を上げない方が良いとのこと。私は気にしないからどんどん締め込みますけれど)

1段目よりさらに上に団子状に積み上げていく。この1段目と2段目の間隔が狭いと、作業がしにくい。(団子にしない方法もあると思うので、工夫するよとい。)
 
1段目同様、右に進める。一番最初だけ、3本のロープの後ろをくぐらせる。

3本のうち1本目はなにもせず、3本目の前を通して2本目の後ろをくぐらせる。あとは1段目同様にすすめる。(2つ目のウィーブからは、1段目と同様で良い)

2段目をすすめると、このようになる。2段目はかなりテンションがかかるので、音を確かめながら1つずつ進める。あまり張りすぎると、かえって響きが悪くなるので注意。

PR

コメント

プロフィール

HN:
杢 内山 貴雅
性別:
非公開

P R