忍者ブログ

空と太鼓

北海道岩見沢市の「atrier 花*杢」 太鼓の製作・演奏/造形制作/身近な自然と生活について /空と倉庫という猫ブログもやっています。

ジャンベの制作 その8 皮表面のやすりがけ

ジャンベの打面の仕上げ。ここは、どんな太鼓に仕上げたいのか。どんな音に仕上げたいのか。
によって変わる。たとえば、毛を剃らない仕上げだってありだと思う。
ただ、市販のジャンベはほぼ毛を剃っている。これは、より高音を出すためだろう。
表面の仕上げで、紙ヤスリがけをするとさらに表面が整えられる。
※その分、野性味が減るのでワイルドに終えたい場合はこの工程は不要。
ヤスリは、120番(荒目)→240番(中目)→400番(細目)くらいで良いのではないか。

やすりがけ後の打面。手触り、打心地は良くなるが、野性味は減る。
どんな仕上げを目指すかは好みの問題。

最後に一般的にはシアバターという植物性の油脂を塗るようだ。でも、日本人なら蜜蝋じゃない?
と思ったので、蜜蝋を塗ってみた。木材の仕上げ用なので、有効なのかは不明。
私は、満足したからそれで良い。
PR

コメント

プロフィール

HN:
杢 内山 貴雅
性別:
非公開

P R