忍者ブログ

空と太鼓

北海道岩見沢市の「atrier 花*杢」 太鼓の製作・演奏/造形制作/身近な自然と生活について /空と倉庫という猫ブログもやっています。

ジャンベの制作 その4 皮の張り込み


ジャンベの制作その2で用意していた打面をジャンベの上面にセットする。そこに、先ほどずらしたリングを載せる。この際に、ロープのついたリング→皮に包んだリング→ジャンベ胴の上口の位置をできるだけ均等に整える。ちなみに、リングのサイズは皮に包んだリングを若干(※直径で約3ミリくらい?)大きく作る方がバランスを取りやすい気がする。

ジャンベの制作3の続きの流れで、ロープを残りのクレイドルに通してゆく。ジャンベをひっくり返したので、必然的に反時計回りに通す事になる。最初からこの状態で作業する場合は、反時計回り(右へ右へ)とロープを通すのがやりやすいと思う。一回り通したら、最後に仮止めしたヒモをはずし、もやい結びをした輪にロープを通し、下リングあたりで仮止めする。

 この後の作業を考えて、ここで再度リングと胴の位置関係の調節やリングに挟まっている皮を伸ばしてしわや噛み込んでいる部分がないかなどのチェックを行うと良い。
PR

コメント

プロフィール

HN:
杢 内山 貴雅
性別:
非公開

P R